FC2ブログ

今日は近くのブロックハウスベイ・ビーチを散策。

今日は朝から曇り日和で計画していた所を中止しました。
しかし、午後から天気が回復して来た為に、現在住んでいる所の近くにビーチがあるので行って来ました。

ここの地名であるブロックハウスから名付けたブロックハウスベイ・ビーチと言います。

地元住民の行く憩いの場で平日でも賑わいを見せています。

のんびりと、ゆっくり、ゆったりとした国民性と地域柄のニュージーランド。

今迄に公道を車で走っていていて、車の警笛を聞いた事はあまりありません。

急がないので譲り合いの精神が高い様な感じがします。

又、こんな公園で散歩すると道で会う見知らぬ人達でも、それぞれに挨拶して行き交う姿はまだまだ田舎の情緒が残っている感じがします。

話は逸れましたが、午後から行った今日の場所は車で10分位の距離に位置するビーチです。
DSC09688.jpg

天気も回復して来たのでついビーチに行ってしまいました。

DSC09577.jpg

この青々した夏の季節の色が鮮やかで、日陰に入るとヒンヤリとしたそよ風が気持ちよくて日本とは違う夏の感覚です。

DSC09596.jpg

昨年、ここに来た時には子供達にこの海岸でカキ貝を見つけては石で叩いて貝を割って、生ガキを塩水で洗って食べた事を思い出しました。

DSC09682.jpg
この大きな木はよく子供たちが乗って遊んでいて、近くには子供用の遊び場があります。

その先の奥の海岸ではこの様な岩の海岸が続き、ダイナミックなゴツゴツした岩場の海岸が此処の特徴です。
DSC09611.jpg

海と空、そして岩と植物、流木等の景色も上手く組み合わせれば絵になるみたいです。

DSC09615.jpg

DSC09664.jpg


海岸の公道を歩くとこんなシダ類の大きな木々が葉を大きく広げている景色が良く見れます。
DSC09696.jpg


日本では見られない景色を楽しめるのが海外の良さと思いますが、日本には他国に無い日本の良さと美しさがあります。
今後も子々孫々にこの美しい自然を残して行きたいものですね。


最後まで有難うございました。
皆様もお風邪を召さないようにお気をつけ下さい。

では又!






スポンサーサイト

ヨット・ハーバーならこのヴァイアダクト・ハーバーがお勧め!

昨日はオークランドのヨット・ハーバーに行って来ました。

オークランドでハーバーと言えばもうココしかない!とまで言われる程、シティとハーバーが隣り合わせに栄えたシティー・ベイと言えるでしょう。
その名もヴァイアダクト・ハーバーです。

ブリットマート駅から歩いて5分で行ける都市型のハーバーで、オークランドで有名なオークランドスカイタワーも近くの距離にあり、絶景スポットです。

大型クルーザー船も入港して賑やかな港で、ヨットレースの最高峰と言われるアメリカズ・カップの舞台ともなっているハーバーです。

今日は雲一つない最高な天気!強い日差しを受けながらベイ・ロードを散策して来ました。


オークランド市の最終ブリットマート駅から徒歩で港に向かっています。。
DSC09341.jpg
すでに大型客船が見え、港が近くにある事が分かります。


港の反対側は近くにスカイタワー!が
DSC09339.jpg
こちらの方向では建物に隠れてタワーの上部だけしか見えませんがそれでも雰囲気は充分です。


今日は最高な天気で海や空の青さが一段と鮮やかでした。
DSC09344.jpg
ベイロードを歩くと次々にヨットやクルーザーがハーバーに停泊していて、スカイタワーをバックに幾つか映してきましたのでどうぞ!。


DSC09407.jpg

DSC09408.jpg

DSC09443.jpg

DSC09465.jpg


ベイロードを歩いて行くと一つの橋がありますが。この橋は大型のヨットやクルーザーが出入港する場合に一時的にブリッジが二つに分かれて上昇して通行止めになります。
DSC09541.jpg


いつもの港風景ですね。こちらの鳥たちはかなり人馴れしています。
DSC09539.jpg


お洒落なカフェレストランやバー等が並んでいて、木陰で休憩しながら充分楽しめるスポットでした。
DSC09534.jpg



ご覧の天気で帽子やサングラスも持参して来なかったためにかなり日焼けした1日でした。

今日は手や顔が日焼けでヒリヒリ!
でも夏の暑さにも段々と慣れて来た今日この頃です。


最後までありがとうございました。
皆様方も良い日でありますように!








今日行ったのは始めてのハミルトン・ガーデンズ!

今日はニュージーランドのオークランドで貿易商に勤めている娘が土曜日で休みの為に皆でオークランドから車で約90分の距離にあるハミルトンガーデンズに行って来ました。

車と言ってもニュージーランドは一部は有料路線もありますが、殆ど高速道路(フリーウェイ)は無料!。
しかも一般公道も最高速度100キロなので約150キロの距離も丁度計算して1時間30分となります。

現在の宿泊地がオークランドなのでしばらくは、オークランド市その近郊の場所になりますが、行く所が一杯あるので少しずつ足を延ばして観光に行きたいと思います。

先日行ったボタニック・ガーデンズと違ってこちらのハミルトン・ガーデンズは各国の庭園と植物を楽しめるオークランドでは一番大きなガーデンズです。

日本庭園をはじめ、イギリス、中国、イタリア、インド、アメリカ等の代表的な様式のガーデンが楽しめます。

その他にも各種様々な植物や花、草花等が栽培されていて季節を通じて楽しむ事が出来るガーデンです。

勿論入場料は無料です。

入園すると先ずは先住民マオリのユニークな彫刻らが悪払いと合わせてマリオ族の庭園テ パラパラがあります。
DSC08777.jpg


以下は今回新しく開設オープンした先住民マオリの地に始めて土を踏んだイギリスの布教師の古き建物だと思われます。
DSC08795.jpg


当時の車まで展示してあり、子供たちの人気の的で次から次へとハンドルを交代で握っていた様です。
DSC08801.jpg



イギリスの庭園ではテニスコートとディナー会場、そしてピアノ演奏をあしらった様子が当時の貴族の生活感を表わしています。
DSC08809.jpg

これもイギリスの庭園のお洒落なエントランス。
DSC08893.jpg


日本庭園ゾーンの一部です。
さすが、花壇で草花を飾るだけでは無くて、自然全体を表現している日本庭園の個性が表れています。
DSC08835.jpg


これはインド風のガーデンです。
DSC08877.jpg



イタリア風のガーデンの様子です。
DSC08888.jpg



各国の庭園ゾーンのエントランスです。中央に噴水があり、円形で放射線上に幾つもの入り口があります。
DSC08902.jpg

以上は各国の庭園ゾーンだけの紹介でしたが、他にバラ園をはじめ色々な植物、花卉園もあるので1日中散歩ハイキングと合わせて散策出来るガーデンズではなかろうか!と思いました。

この国は高速道路は無料! 公共設備は入場料も無料! お弁当持参で食事代要らず! もしも何らかの事故で怪我したら治療代も国が払うので勿論無料!!。なんて優しい国でしょう!!

ハミルトンガーデンズの詳しい詳細は下記のホームページでどうぞ!
公式ホームページ →ハミルトンガーデンズ


今、明日は何処へ行こうか?とルンルン気分で思案中の時です。

最後まで有難うございました。
皆様も良い日を過ごせますようお祈りいたしています。


テーマ : 旅の写真
ジャンル : 写真

今日はオークランド郊外のピハ・ビーチです。

今、日本は寒冷前線の南下で厳しい寒さの冬の時期ですがこちらは夏の季節。
今日は約40分位の距離にあるピハ・ビーチです。

出発時は天気も良く快晴な天気でワクワクしながら行って来ました。

昨年もこのビーチにきて青々とした海を眺めた思い出があり、オークランドから車で近い距離にありますので暇な時に一寸!的な感覚で遊びに行けるので便利なビーチです。
今日は到着時は晴天でとても綺麗な光景でしたが、途中からは雲が広がって太陽光線を遮った光景となってしまいました。

今日は平日なので観光客も少なく、ニュージーランド特有の青々とした夏の海の光景です。


ピハ・ビーチの海岸へ向かう途中、峠の展望台からピハビーチを覗いた所です。
DSC08660.jpg
真ん中にそびえ立つ岩山がありますが、その山に登って景色を楽しむ事が出来ます。



DSC08678.jpg

DSC08675.jpg

DSC08692.jpg

DSC08724.jpg

此方の海岸は波が強いためにウィンドサーフィン等のレジャーが盛んなビーチです。
真ん中にある、小高い山に登って眺めた景色です。

DSC08752.jpg
ピハビーチでもオートキャンプ場が設置されており、内陸部のオートキャンプ場側から見ました。
内海とあって波は穏やか、真ん中の小高い山が見えます。

ニュージーランドは海に囲まれており、海洋レジャーが盛んな国でボートの国民あたりの所有率はトップだとか。

農業国であり、ローカルな国なのでレジャーも山や海、そして公園などの自然と一体化した産業が多いみたいですね。



最後まで有難うございました。
皆様も良い日でありますように。





オークランド・ボタニック・ガーデンズに行って来ました。

今日のオークランド市の天気は曇りで、時々少量の雨が降る程度の曇り日和、

こんな天気は海やビーチより植物園等が良いと思い、朝からオークランド市のボタニック・ガーデンに行って来ました。

ビジターセンターと合わせて各種の植物類コーナーやガーデン、そして公園広場等があり、家族中でピクニックを兼ねてユックリとバケーションを過ごして貰う為の施設です。

ここのガーデンの広さはとても広くて、隅から隅まで歩いて回ると1日中掛かる位の広さがあります。
コーナーも多種にわたり、原生植物をはじめ、季節シーズンの見所、通年の見所、食用、薬用植物コーナー等ニュージーランドの植物を楽しむ事が出来ます。

その為に入場料も無料で、午前8時から午後6時まで解放されています。

今日は主だった花やサボテン、風景ポイントを幾つかご紹介しましょう。


これはオークランド・ボタニック・ガーデンズとビジター・センターのエントランスです。
DSC08338.jpg


エントランスから中に入るとユニークな先住民のマオリ族のオブジェなども設置されていました。
DSC08328.jpg


奥に進んでエントランスを振り返って見た光景です。後は続けてどうぞ!
DSC08310.jpg

DSC08097.jpg

DSC08107.jpg

DSC08164.jpg

DSC08168.jpg

DSC08247.jpg

DSC08233.jpg

DSC08279.jpg

DSC08183.jpg

DSC08312.jpg

DSC08325.jpg

他にも在り過ぎて紹介出来ませんでしたがこんな感じの植物やガーデニングが見られます。

この地でしか見られないのもあるみたいで珍しい植物を見ながらゆっくりとピクニック気分で楽しめるガーデンズでした。

詳細はオークランド・ボタニック・ガーデンでどうぞ。

最後まで有難うございました。
皆様も良い日を迎えますように。

プロフィール

source883

Author:source883
昭和生まれの中高年世代で、
カメラ歴は浅く現在勉強中です。
九州の熊本に在住してたまに海外に渡航する時もあり、
地元の阿蘇を中心に自然の風景を主に撮り続けています。
ブログもまだ始めたばかりでなので宜しくお願い致します。
カメラ
SONY α7III
CANON EOS Kiss X8i
レンズ    
SONY SEL24240
SONY SEL28F20
SONY SEL075UWC

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR